農家×廃校!旬の野菜で笑顔になれる、福岡発の新サービス「ぱれっと直送便」!

農家×廃校!旬の野菜で笑顔になれる、福岡発の新サービス「ぱれっと直送便」!

外出もままならない現状が続いている今、福岡県田川市であるサービスがはじまりました。

それは、新鮮な朝採り野菜を畑から自宅まで直接届けてくれる、その名も『ぱれっと直送便』。ブロッコリーやアスパラガス、新鮮でみずみずしい野菜に込められた想いと情熱に、オーダーした人は思わず笑顔に!

今回は『ぱれっと直送便』の発起人、中元寺みらい農業の宮本しほさんにお話を伺いました。


今だからこそ意味がある、地域貢献


「きっかけは、やはり新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が大きいです。」

福岡県でも感染が広がり、現状田川市内での感染者はゼロですが、いつどうなるかわからない不安に包まれ自粛ムードが広がりつつある、と宮本さん。

「私は『中元寺みらい農業』という農家で働いているのですが最近足腰を痛めてしまったこともあって、実際に畑での作業ができない現状が続いていたんです。自宅療養していましたが、足腰以外は元気なので何か出来ないか…、と思っていました。」

「外出自粛ムードではありますが、『食べること』は生活の中で絶対。家で料理する人は多いだろうし、農家の『野菜』を直接自宅に届けるデリバリーサービスをしてはどうかと考えました。これなら、私も動けるので。」

このサービスを実施するにあたって「需要はあるのか?どうやって始めるのか?システムは?」そんな疑問を感じた宮本さんは、田川市内のある施設へ相談に行かれたそうです。

「思うままに『いいかねPalette』へ足を運び、やんわりとスタッフの山野さんへ相談しました。廃校をリノベーションしたこの施設はより地域に密着しているし、農家よりもサービスを周知させる拡散力をもっている。地元貢献の面からもこの企画をやる意味がある!となり、すぐに実施までこぎつけることができました。」


おまかせ野菜セットで、季節を感じて


では、実際に『ぱれっと直送便』で購入することができる新鮮な野菜は、どんなものなのがあるのしょうか?

「今日は、キャベツ、ブロッコリー、じゃがいも、ホーレン草、レタス、ねぎ、アスパラ、小松菜の8種類。毎日の料理で使いやすい野菜を、お届けできたらと思っています。」

「もう少ししたら、玉ねぎ、グリーンボール、サニーレタスなどが旬になるので、ラインナップに加える予定です!」


非現金化で見えた、新しい野菜の買い方


新鮮な朝採れ野菜をデリバリーできる『ぱれっと直送便』は、現金の他にPayPayでの支払いも可能。すると、こんな使い方も…!

「正直、私はまだ現金も使っているので、PayPayはどこまで需要あるのかな?と思っていましたが、実際に配達した家で早速需要もあり、田舎の田川でも実際にPayPay加盟店が多く、利用者も多いことを実感しました。」

受け取ったみなさんの笑顔が印象的

「それに、野菜セットをギフトしたい(支払いは注文者、配達先は注文者のご家族)というお声をいただき、PayPayの送金機能を使っての支払いができたというメリットもありました。」


今後について


田川市はデリバリーサービスが都心に比べて充実しているとは言い難く、買い物は外出しなければなりません。

そんな現状も踏まえ、今後も『ぱれっと直送便』は続けていくのでしょうか?

「様子をみながらではありますが、可能な限り継続させていきたいと思っています。

このデリバリーサービス需要が高い場合は、野菜だけではなく、例えば魚や肉、パンや弁当など田川の小売店と繋がりサービス拡大も視野に入れて、地域貢献に力をいれてみたいですね。」

「『中元寺みらい農業』では、年間を通して20品目以上の野菜を栽培しています。他にもドライベジタブルなどの加工品を製造しているので、この活動を通して、全国に野菜を届けられたら、とも考えています。

現段階では『重さ・大きさ・クール便』などクリアしなければならない問題も山積みですが、『食べることで元気になる』ことを皆さんに知っていただきたいです。」

新型コロナウィルスの影響によって、暗いムードをなかなか払拭できない今だからこそ、「コロナで暗くなっている方々に、少しでもサービスを通して、新鮮野菜を食べ心身ともに『元気』になってもらいたい!」と、語る宮本さんの『ぱれっと直送便』は今後も需要が高まっていきそうです。

>ご注文はこちらから!

配達エリア:田川市・添田町・川崎町・大任町・赤村

直送品:おまかせ野菜セット 2,000円

(税込&送料込です。日替り野菜のため種類指定はできません。)

いいかねPalette Facebook Instagram Twitter 公式ホームページ 

中元寺みらい農業 Instagram 公式ホームページ

 

カラダが喜ぶ、旬の食材。春に食べたい、絶品ごはん

カラダが喜ぶ、旬の食材。春に食べたい、絶品ごはん

四季のある日本では、一年を通して様々な食材の旬を楽しむことができます。

何気なく通っているスーパーも、少しずつ品ぞろえが変わり、季節の変化を感じます。

春になると、普段は見かけない生のグリーンピースや、禁漁期を終えたシラスも店頭に並び始めました。見ているだけでもワクワクしてきますよね。

そして旬の食材は、季節に応じた体に良い効果も期待できます。

今日は、そんな春の旬な食材について、ご紹介します。


じつはこれ、春が旬


皆さんは春野菜と聞くと何を思い浮かべますか?

葉が柔らかい春キャベツに、甘みのある蕪、菜の花など。鮮やかなグリーンの食材を思い浮かべる方も多いかと思います。

実は春の旬な野菜のなかには以外にも『トマト』が含まれているのです。

トマトと言えば夏のイメージですが、実は高温に弱く湿度にも弱い野菜なのです。日本の夏には向かない性質をもつため、トマトの旬は春から初夏、そして秋から初冬になります。

トマトは一年中手に入る野菜の一つですが、今がまさに旬の時期。

是非、トマトの甘みを楽しめるカプレーゼや、旨みを凝縮したトマトソースのパスタなど。様々なバリエーションのお料理を楽しんでみてください。


4月のおたのしみ、初ガツオ


春から初夏にかけて旬を迎えるのが、初ガツオです。

広い海を回遊するカツオは、この時期エサを求めて北上します。4月から6月ごろまでのカツオは春の旬食材。

あっさりとした味が特徴の初ガツオは、同じく春が旬の辛味がすくない新玉ねぎをスライスして合わせるのもおススメ。あたたかな時期にさっぱりと食べられるので、お箸がすすみます。

逆に、9月ごろから南下する戻りカツオは、たっぷりと脂がのっていて濃厚な口当たり。1年に2度違った味わいで楽しめる、旬の食材ですね。


旬を味わう、季節を感じる


様々な食品製造技術が発展している現在、旬ではない食材を手に入れることはあまり難しいことではなくなってきました。

しかし、この美しい四季の移ろいと共に、種類も豊富で美味しい旬の食材を楽しむことができるのは日本ならではなのかもしれません。

また、旬の食材は栄養価も高く、味もその時期にしか味わえないものばかり。

是非、食材を選ぶときには「旬の食材」を取り入れてみてくださいね。

甘味はフルーツで美味しく爽やかに

甘味はフルーツで美味しく爽やかに

みなさまこんにちは。

2月ですね。バレンタインにチョコレートを準備する人も多いのでしょうか。

私は普段おやつを食べると言う習慣がないので、あまりお菓子を食べませんが、ときどき無性に甘味を欲する時があります。

体とは正直で、疲れているのでしょう…。

そんな時は果物をいただきます。

旬の野菜が体を冷やしたり温めたりするように、果物も一緒。

今の季節はリンゴやミカン、いちごも出始めました。

口内の乾燥対策、水分補給にもマスト。

カロリーもそこまで高くなく、噛む行為が空腹を満たしてくれます。

そんな私が果物にハマったのはリゾート地で食べたトロピカルフルーツがきっかけ。

見たことのないたくさんのフルーツが、ホテルの朝食のバイキングに所狭し、と並んでいたのです。

ランブータンにマンゴスチン、マンゴーにスターフルーツ、ドラゴンフルーツ。

リゾート地は暖かいので体を冷やす果物が豊富でした。

ジューシーな桃に、歯ごたえがサクサクの梨、酸味がたまらないプラムに、手が止まらないぶどう。

皆さんの好きな果物はなんですか??

欲している食べ物の効能効果を調べてみると、意外と今の自分の体調が見えて来るかもしれません。

バレンタイン間近!私を虜にする、甘い誘惑

バレンタイン間近!私を虜にする、甘い誘惑

甘いものが3度の飯より好きな私にとって、カフェ巡りやスイーツショップ巡りは欠かせない日課です。

甘いもの〈砂糖〉は身体によくないと言われていますが、実はデメリットばかりではないのです。

  • 他の栄養素(脂質・タンパク質)と比べてすぐ使えるエネルギーなる
  • 脳の栄養分になる
  • リラックス効果がある

などのメリットもあるんです。

だから疲れた時などに甘いものが欲しくなるのは、自然の摂理。

ストレス発散の為に、日夜美味しい甘いものを探し求めている私です。

そこで昨年私が、ハマって食べ歩いたスイーツベスト3をご紹介します。

和スイーツの誘惑

まずは『和スイーツ』。

特にあんこ物が大好きです。饅頭、おしるこ、あんみつ、羊羹・・・などなど。

実はあんこには、とても優秀な健康効果があります。

あんこの原料「小豆」に含まれているサポニンには、利尿作用があり、むくみの解消に役立ち、鉄分やポリフェノール、ビタミンB1も豊富な食材。

だから砂糖の量さえ気を付ければ、とても身体に良い食べ物です。

甘くないあんこなんて、考えられないんですけどね(笑)

デコパフェの誘惑

数年前から流行り出したデコパフェ。

デコラティブに盛り付けられたパフェのことですが、パフェのみならず、アイスやシェイクなどなど、そのお店の個性を表すものとして年々そのレベルが高くなってきました。

私は特に、フルーツ系のデコパフェが好きですね。

去年一昨年の夏は、美味しい桃パフェを求めて、色々とカフェ巡りしました。

それより比較的よく見かけ、当たり外れが少ないのは、苺パフェ。

最近は、一年を通して食べられる苺、それをたっぷりと使ったパフェは、タマリマセン。

そして、最後はやっぱりこれ。

チョコレートの誘惑

チョコレート!

もう大好きです。一度食べ出したら、それが全部無くなるまで食べてしまうほど

もうすぐバレンタインデーがやって来ますが、私は人にあげるのはとても勿体なくて、自分にばかり買っている、という具合。

高級な?クリオロ種を使ったチョコレートも良いけれど、素朴なクッキーやナッツの付いた、コンビニなどでも手軽に買える物も大好きです。

また、味もそうですが、見た目の素晴らしいこと。

あの小さな1粒に、パティシエたちの拘りの世界が埋め込まれているんですよ!まるで芸術作品のように・・・

あの年に一度のチョコレートの祭典に行くと、その見た目と香りが媚薬のように、私を甘い誘惑に誘うんです。

甘いものを食べると、太る。とか、虫歯になる。なんて言っている人
それは昔の話

リラックス効果のあるスイーツで、心から綺麗になりましょう。

鶏ムネ肉でも食べ応え抜群!絶品チキンステーキの作り方

鶏ムネ肉でも食べ応え抜群!絶品チキンステーキの作り方

一週間がんばったご褒美に、がっつり食べたい!そんな夜もありますよね?

今回はおうちで楽しめる、ヘルシーな鶏むね肉を使ったチキンステーキのご紹介です。

簡単だけど美味しい、チキンステーキのレシピ

<材料>

  • 鶏むね肉………………1枚
  • にんにく………………1粒
  • 胡椒
  • バター
  • 醤油

<作り方>

鶏むね肉はボリュームがある分、火が通りにくいので、まずは常温になるように冷蔵庫から出しておきましょう。

パサパサしたイメージのむね肉ですが、このひと手間でグッとジューシーになりますよ!

しっかりと常温に戻したら、お肉の厚みが均一になるように切れ込みを入れます。ちょうど観音開きになるようなイメージで。

最後に塩胡椒で下味をつけたら、下ごしらえ完了です。

次はフライパンにオリーブオイルをしき、スライスしたニンニクを香りが立つまで弱火で温めておきます。

香りが立ちスライスしたニンニクが黄金色に変わったら、フライパンから取り出し小皿によけておきましょう。

強火で温め直したフライパンに皮目を下にして鶏むね肉を入れフタをしたら、火加減を中火に落とし、身側が白っぽくなるまで、お肉を動かさずじっくりと焼いていきます。

皮目にこんがりと焼き色がついたら、ひっくり返してフタをせずにこちらもしっかりと焼き付けます。

お肉に竹ぐしを挿して透明な肉汁が溢れたら焼き上がりの合図。

絶対にハズさない、絶品ソース

お肉を取り出したフライパンにバター、ニンニク、酒の順番で入れ、強火にかけます。全体が泡立ったところで醤油を回し入れましょう。

ソースにとろみが出たら素早く火からおろし、お皿に盛りつけた鶏むね肉に回しかけて完成です!

冬こそ、美味しいものをしっかり食べて

鶏肉の旨みをギュッと閉じ込めたソースに、しっとりしたチキンステーキの相性は抜群!

付け合わせには色の濃い冬のお野菜を添えると、グッとお皿も華やぎます。ほうれん草やニンジン、ブロッコリーなどがおススメ。

まだまだ寒い日は続きますが、あたたかくおいしい料理を食べて、元気に乗り切っていきましょう!

シリコンバレーが火付け役。日常に取り入れたいバターコーヒー

シリコンバレーが火付け役。日常に取り入れたいバターコーヒー

よく耳にする「バターコーヒー」を、皆さんはご存知ですか?

文字通り、バターを入れたコーヒーが「バターコーヒー」と呼ばれる飲み物です。

「コーヒーにバターを入れるなんて、脂っぽくて飲みにくそう」そんなイメージを持たれる方も多いかもしれません。

しかし、この飲み物をダイエットに取り入れ手紹介した書籍はアメリカで大ヒットを記録し、日本でも専門店が出来るなどじわじわと浸透しているのです。

今回は、そんなバターコーヒーの歴史と、自宅で簡単にできるレシピをご紹介します。

ルーツはチベットの「バター茶」

こちらも文字通りバターを入れた「お茶」ですが、チベットでは一般的に広く飲まれているようです。

一日の寒暖差が激しく、厳しい気候のチベット。

このような環境でも、不足しがちな脂肪分を補給でき、身体を温める効果のある「バター茶」は健康維持のため重宝されている飲み物なのです。

また、遊牧民も多く良質なバターが手に入りやすいということも理由の1つなのかもしれません。

この「バター茶」をコーヒーにアレンジしたものが「バターコーヒー」です。

意外とも思える組み合わせの「バターコーヒー」は、シリコンバレーで火が付き、新たな健康食として瞬く間に世界へと広がっていったのです。

簡単に実践できるバターコーヒーのレシピ

材料

  • コーヒー………………1杯
  • バター…………………小さじ1

材料はたったこれだけですが、「バターコーヒー」に入れるバターは普段使っているものではなく、グラスフェッドバターと呼ばれる上質なものを用意しましょう。

穀物ではなく、牧草を主なエサとして育った牛はの脂質は、不飽和脂肪酸を多く含んでおり、中性脂肪やコレステロールを減らす効果も期待できます。

また、ギーと呼ばれるバターから不純物を取り除いたバターオイルで作るのもおススメ。

そして作り方も、驚くほど簡単。

コーヒーにバターを入れて、ミルクフォーマーで1分ほど攪拌するだけ。ミキサーでも代用は可能で、ポイントは分離しないようにしっかりとまぜる事。

忙しい朝でも、ささっと用意できるのが魅力ですね。

簡単、だけど効果は抜群

バターとコーヒーという意外な組み合わせの「バターコーヒー」ですが、濃厚でクリーミーな味わいにハマってしまう人も多いはず。

腹持ちも良いので、一食置き換えにも最適なドリンク。保温力のあるボトルに入れてオフィスに持っていくのもおススメです。

ネーミングのパンチ力に惑わされず、ぜひ一度試してみてはいかがでしょう?

Language
Japanese
Open drop down
Japanese
Japanese