ブログメニュー
【アレティ アンバサダー コラム】冷え対策で女性ホルモンバランスを整える

【アレティ アンバサダー コラム】冷え対策で女性ホルモンバランスを整える

最強寒波が少し落ち着いたものの、まだまだ寒い日が続きますね。
冷え性の私は、冷え対策に励む日々です。
からだが冷えると、肩こりやむくみ、生理痛などの不調を感じませんか?
その不調は冷えからくる、女性ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。
からだが冷えると卵巣機能が低下し、ホルモン分泌量の調節が上手くいかなくなります。
女性ホルモンバランスを保つためにも、日頃から冷え対策をして、からだを温めておくことが大切です。
私が日頃から取り入れている冷え対策を3つご紹介します。
1 からだを温める食材を積極的にとる
からだを温める食材は色々ありますが、手軽にとれて即効性を感じやすいのは生姜です。
おすすめは、スープや紅茶などのあたたかい飲み物にすりおろした生姜を入れること。
時間がない朝でもさっと取り入れることができて、ほっこり温まります。
2 子宮を温める
子宮に近いお腹や腰を温めるだけで、からだの内側からポカポカしてきて、女性ホルモンもアップします。
私は生理痛が辛いなと思ったら、お腹や背中にカイロを貼るようにしています。それだけでも痛みが和らぐのでおすすめです。
3 湯船に浸かる

どんなに忙しくても、夜はゆったり湯船に浸かります。
ポイントは熱すぎず、ぬるすぎない温度で肩までしっかり浸かること。
好きな入浴剤を入れて、香りにも癒されながら入るのが至福の時間です。
お風呂でしっかりからだを温めると、血行が良くなり、その後の睡眠の質を高めてくれます。
良質な睡眠は女性ホルモンを整えるのに最適ですし、何より美肌効果抜群です。
まだまだ続く寒い日、冷え対策で女性ホルモンを味方につけて、心もからだも元気に過ごしましょう。

【アレティ アンバサダー コラム】コロナ禍こそ女性ホルモンを整えて元気に

【アレティ アンバサダー コラム】コロナ禍こそ女性ホルモンを整えて元気に

新しい年を無事に迎えられ、元気で充実した一年にしたいものです。
ただ、昨年から続くコロナ禍によって生じるさまざまな制限から生活に変化ができることで、ストレスが積み重なります。
それでなくでも女性はカラダのバランスが崩れやすく、心身ともに疲れやすくなっています。無理をしないためにも、早めに自分の体調の変化に対応できるように、バランスを整えることを心がけることが大切です。
女性のバランスは卵巣機能が低下することで起こるようです。卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのエストロゲンが減少することが体調不良の要因となります。
からだのバランスを整えるためには、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを多く含む大豆製品をとるといいそうです。

大豆製品はいろいろとあるので、毎日の生活に取り入れるようにしたいですね。
ただ、大豆を料理するには、時間と手間がかかります。
時間のない方にオススメなのは、いつでも手軽にとることができる豆乳があります。
コンビニやスーパーでもいろんな種類の豆乳が揃っているので、お好みの豆乳を毎日飲むことを続けるといいようです。

豆乳にプロテインをプラスすると、たん白質を補うこともできるので、栄養が偏りがちな食生活を整えることができます。
また、豆乳と米麹甘酒を合わせて温めてのむと、甘さがまろやかになって飲みやすいだけでなく、豆乳のイソフラボンに加えて飲む点滴と言われる甘酒の疲労回復効果も合わさります。ほんのり甘くておいしので豆乳が苦手な人にも飲みやすくなります。
また、台湾の朝食として豆乳を使った鹹豆漿(シェントウジャン)もとても簡単に作ることができて、お腹もちもよく胃腸にもやさしい一品です。

鹹豆漿(シェントウジャン)作り方は、温めた豆乳に酢を入れるとフワフワのおぼろ豆腐のようになります。お好みで塩や醤油で味付けをしてザーサイや干しエビ、パクチーやネギを合わせるだけ。お好みでラー油をかけると体もポカポカします。
豆乳以外にも納豆や豆腐も安価で栄養価も高いので、日替わりで大豆製品をとりましょう。
体のバランスは、大豆製品だけとるのではなく、バランスの良い食生活に加え、良質な睡眠と、適度な運動を心がけて、ストレスを軽減することにが大切です。
女性のカラダはとても繊細です。むりのないように、ご自身を労わるように気をつけてコロナ禍を元気に過ごしてくださいね。

【アレティ アンバサダー コラム】私のやさしいデトックス

【アレティ アンバサダー コラム】私のやさしいデトックス

寒くなって身体を動かすことが、億劫になってきました
ましてや、コロナ禍の中、1日の大半を家で過ごすことが多くなった人もいる筈
そうなると気になるのが、身体の不調
体内に溜まった毒素や老廃物が出し切れない状態でいると
むくみや冷え性などの症状の他、健康を脅かす危険性も!
だから、家にいる時こそその対策「デトックス」を実践するチャンス
でも、激しい運動をしたり、断食をしたりするのは苦手
私なりの毎日の習慣にしているデトックスをご紹介します

やっぱり野菜は最強

ありがたい事に私は便秘知らず
朝一でお通じが出ます
その要因は、朝食で食べる大量の野菜のお陰だと思っています
中くらいのボールに1杯は食べます
レタス、ニンジン、トマト、キュウリ、ブロッコリー、キノコ
更に、ほうれん草やスプラウト、カボチャも
大体このローテーションでサラダを作ります
夏は生野菜がメインですが、寒い季節は温野菜orスープなどがメイン
仕事が早い時は、前の日の夜から作り置きをしておけるのでOK
これだけでお腹いっぱいになりますね
昼食や夕食が、職場のお弁当やコンビニ飯になってしまう事の多い仕事なので
朝食は私にとって、とても大事な栄養補給になります

人は60%の水で出来ている

デトックスで欠かせないのは、やはり水分
最近はレストランやカフェでも、デトックスウォーターを置いている
店が増え、とてもありがたいですが
日頃からミネラルウォーターをマメに飲むだけでも充分
1日2Lを飲みなさい、という説もありますが
飲み過ぎは逆にむくみの原因にも成りかねないので、要注意
コツは、コップ一杯の水をマメに飲むこと
一度に大量のお水を飲んでも、尿になってしまうだけなので
こまめに飲むことを続けることがポイント
入浴前は特に効果的
水をしっかり飲んで、お風呂で汗を掻く
こんな簡単なデトックス方法、やらない手はないですよね
人間の身体は、体重の約60%が水分でできています
乾燥する毎日で、加湿器が必要ですが、中からもしっかり水分を摂りましょう

今の自分に一番必要なのは「心のデトックス」

そんな訳で、日頃から実践していることで、便秘やむくみなどの不調が無い私ですが
今一番必要なデトックスは、「心のデトックス」だと思っています
旅行が好きな私は、このコロナ禍で遠出が出来なくなり
特に自然あふれる場所に行く事が、何よりも私のデトックスだったのに
とても残念です
写真は長野県那須高原にある「アートビオトープ那須」
私の大好きな場所なのですが、ここのボタニカルガーデン「水庭(みずにわ)」は
天然の森林のように見えて、実は人工的に造られたものなのです
人工的に造られたものだからこそ、五感に響くものがあり
癒しの空間でもあります

アートに触れてデトックス

旅でのデトックスが出来なくなった今は、アートを観に
ギャラリー巡りをしています
お金を出して、海外アーティストの大きな展覧会も良いけれど
都内には、たくさんのギャラリーがあり、琴線に触れる作品を
たくさん観ることが出来ます
特に現代アートは、全くちんぷんかんぷんの場合もあるのですが
アーティストの感性を知る事って、何だか面白いんですよね
それとギャラリーがあちこちにあるので、知らない街を歩くことも楽しい
色々な発見もあったり、歩くことで軽い運動にもなります
色々な方法で気分転換するのが、私なりの心のデトックス
つまり好きなことをやる。が一番のデトックスで
延いては健康にも繋がるのでは無いでしょうか

【楽天 お買い物マラソン】美髪を育てるドライヤーなど期間中にプライスダウン

【楽天 お買い物マラソン】美髪を育てるドライヤーなど期間中にプライスダウン

一年で最も湿度が低下する2月も間近。外気の乾燥も気になりますが、外出の自粛が続くとエアコンによる乾燥も例年以上に気になります。
手洗いやマスク生活が続き、手や顔の乾燥対策はしていても、頭皮までケアできていない方が多いのでは? 頭皮が乾燥すると髪にも影響が出てきます。
乾燥を防ぐため、毎日使うドライヤーに注目してみてください。
楽天 お買い物マラソン中は頭皮にもやさしいドライヤーを特別価格で販売します。

髪が痩せる、抜け毛が気になる原因は
地肌にもあたる“熱すぎる風”かもしれません


アレティのインディゴシリーズ。シックな色味がインテリアになじみ、毎日使うから洗面所に出したままになることが多いドライヤー“Kozou(コゾウ)”も人気なんです。
しかし、人気の秘密は色だけではありません。
ホワイト、ピンクゴールド、3色共通のこだわりですが、Kozouはアレティ独自の機能で温風の温度はMAX85℃に設定されています。

一般的なドライヤーの熱は100〜120℃。 寝癖直し、シャンプー後のドライと1日2回使用することもあるドライヤー。熱すぎる風をあて続けると髪にダメージを与えるだけでなく、頭皮も乾燥し、うるおいを失った頭皮は過剰に皮脂を分泌してしまいます。そうすると毛穴が詰まりやすく、抜け毛の原因に。乾燥した頭皮では新たに生える髪にもしっかり栄養を届けることはできません。
つまり、ドライ時は熱すぎない温度&たっぷりの風で素早く乾かすことが大切!
Kozouは大風量からそよ風まで6段階で調整できるので、一気に乾かすときは大風量、細かなスタイリングを仕上げるときはそよ風、と使い分けることをオススメします。

さらに、Kozouは頭皮をいたわる効果、リフレッシュ効果などに期待できる3色のLEDライトを搭載。髪を乾かしながらケアできるので健康な髪を育てるためにも、ぜひチェックしてください。
楽天 お買い物マラソン期間中は、モイストケアドライヤーKozouを特別価格の9,660円で販売しております!

\他にもお買い物マラソン期間中はお得な製品がたくさん/

モイストケアドライヤーの他、ヘアアイロン、バリカン、美顔器など、おうちケアの必須アイテムを揃えています!

楽天 お買い物マラソンはこちらから

開催期間:1/24(日)20:00〜1/28(木)01:59

本日から大寒なり

本日から大寒なり

寒さが厳しい毎日、いかがお過ごしでしょうか。
1月20日から2月2日は冬の最後を締めくくる大寒(だいかん)。1年で最も寒い時期に突入しました。
どうりで毎日冷えるはず。外を歩くと身体がこわばり、つい肩が内に入ってしまいます。
しかし、大寒が過ぎれば立春。急に暖かくなるわけではありませんが、厳しい寒さに耐えた植物たちが春の準備をはじめます。
ならば、この寒さを楽しむしかない!
とはいえ、今は簡単に外出もできないので、家で楽しむ冬・・・。
美の旅編集部のオススメは、手軽に旬を楽しめてビタミンCが豊富な「金柑」です。

皮のまま食べられて、美味しいだけではなく風邪予防としても昔から親しまれていますが、代表的な栄養素のビタミンCには免疫力を高めたり、血流改善効果があります。さらに抗酸化作もあり美白にも期待!
皮やスジは食物繊維も豊富でデトックス効果も。
1月の美の旅ではアンバサダーさんたちがオススメする?やさしいデトックス?方法をご紹介していますので、ぜひ「アンバサダー コラム」で検索してください。
もうひとつ、大寒の頃にオススメしたいのがアレティのウォッシュです。

ウォッシュの詳細はこちら

寒い時期はゆっくりお風呂に入りたいですよね。
ウォッシュはフェイスブラシ、ボディブラシ、ビューティーローラー、足用軽石の4つのアタッチメントが付き、バスタイムのケアにピッタリ。お風呂で体が温まったら、顔から足までじっくりケア。季節の変わり目は肌が揺らぎやすいので、万全なボディケアで春の訪れを待ちたいものです!

【アレティ アンバサダー コラム】ホットヨガでデトックス

【アレティ アンバサダー コラム】ホットヨガでデトックス

本格的な冬がやってきましたね。
寒い!冬は嫌い!と言いがちですが、四季のある日本、寒いからこその慣わしや寒からできる農作物などもあるので
一概に冬を悪者にするのは良くないですね。
とは言え、寒さが体に与える影響は結構大きいです。
冷えは大敵、はもう周知されてきた事実。
代謝が落ちて老廃物が落ちてくると肌のくすみ、体重の増加、乾燥など体の不調につながります。

と言うことで私は冬こそ積極的にホットヨガで、プチデトックスしています。
本来汗から出る老廃物は少ないとのことなのですが、それでも冬にたくさん汗をかくのはとても気持ちがいいものです。
行くまでの道のりと、終わった後の温度差で心が折れそうになる日もあります!
そんな時は休んでもいいんです。
自分の心に正直になる、自分の心を無視しない、それがヨガなのです。
この考え方をすると自然と「今日もヨガ行こう」と前向きになれるから不思議です。
すぼめがちな肩や首回りをゆっくりほぐし、肩甲骨を伸ばすことで代謝も上がり、息を深く吸ったり吐いたりすることで
内臓の動きが活発になり、お通じも良くなります。
実は老廃物は排泄物から一番よく出るとのことで、この「内臓を動かす」がヨガで一番大事とも言われています。
普段浅くなりがちな呼吸を意識して深くするだけでもちょっとした体の変化が感じられると思います。
背筋を伸ばす
肩の力を抜く
ちょっとだけ後ろにもたれかかるように立つ
お腹に空気を入れる腹式呼吸を10回
胸に空気を入れる胸式呼吸を10回
深く呼吸をするだけでじんわり汗ばむことも。
簡単にできるプチデトックスなので「あ、今イライラしているな」と思ったら呼吸に集中してみてください。
イライラも忘れてしまいますよ。

Language
Japanese
Open drop down
Japanese
Japanese