ブログメニュー
【アレティ アンバサダー コラム】侮れない!春のスキンケア

【アレティ アンバサダー コラム】侮れない!春のスキンケア

今年はいつもより、季節が早く巡ってきている感じがしますね

桜の花も、例年より早く咲き、他の花々もあっという間に咲き揃いました

 

そうなると気になるのが、紫外線

ポカポカ陽気のこの季節、日差しが気持ちよくて、無防備になりやすいのですが実は要注意の季節

紫外線と言ったら、夏のイメージがありますが、4月辺りから急激に増えるのです

またマスクをしているから、ついすっぴんで出掛けてしまう事も多いのではないでしょうか

マスクから出ている肌は、ダメージを受けています

 

という訳で、すっぴんでも最低日焼け止めクリームは付けるべき

だからと言って、いきなりSPFやPAが高いものではなく

数値の低いものから、スタートしてみると良いのではないでしょうか

 

 

更にスキンケアもとても大切

春は意外にも肌トラブルの多い季節

 

冬の間、乾燥と低温にさらされた肌は、角質が剥がれたりターンオーバーが乱れたり過敏な状態になっています

また、寒暖差の激しいこの季節は、自律神経が乱れることで肌荒れを起こしたり花粉症の人も辛い季節


だから、いきなりスキンケアを変えると、かえって肌トラブルが発生

使い慣れているもので、しっかりと保湿してあげるのがベター

私は低刺激の化粧水と、お気に入りのオイルでスキンケア

 

蒸しタオルを併用することもしばしばあります

蒸しタオルパックは、クレンジング前にやる事で、毛穴が開いて

毛穴の汚れが落ちやすくなります

また、スキンケア前にやる事で、化粧水などが浸透しやすくなり

更に、暖める事で血流が良くなって、顔色も良くなるという良い事尽くめ

コットンパックは、時間が許す限り毎日やるようにしていて

出来れば刺激の少ないオーガニックのものを使います

 

しっかりと水分を与え、オイルで蓋をして・・・

紫外線に当たり過ぎたかな、と思った日は美白美容液を使ったりもします

 

 

コロナ禍で、家に居る事が多くなったと思いますが

お肌のお手入れに、時間をかけてみるチャンスかもしれませんね

【アレティ アンバサダー コラム】春こそ紫外線対策で美肌に!Aretiの『UVクリーム』がおすすめ

【アレティ アンバサダー コラム】春こそ紫外線対策で美肌に!Aretiの『UVクリーム』がおすすめ

春の陽気が心地よく、過ごしやすい季節になりました。
我が家も天気の良い週末は、子どもたちと公園に行ったりして過ごしています。
日差しが強くなってくると、やはり気になり始めるのが紫外線。

実は、春になると紫外線量は一気に増えます。
特にシワや肌弾力の低下につながるUVAは真夏と変わらないくらいの量まで増えると言われています。

 油断しやすい春こそ紫外線対策をしっかりすることで老化を防ぎ、美肌に繋がります。
そこで、毎日の紫外線対策におすすめしたいのがAretiの『Camp Baby 多機能UVクリーム』です。

私がおすすめしたいポイントをご紹介します。

 

①オシャレなパッケージ

パッケージのボタニカル柄がとても可愛いのです。
私が特にお気に入りなのが、フタのデザイン。
高級感のあるガラスのようなデザインがとても可愛くて、日焼け止めには見えません。
カバンに入っていると、つい手に取って使いたくなるデザインです。

 

②毎日使いにちょうど良い使用感

このUVクリームはSPF37 PA+++
SPF50だと日常使いにはちょっと強い気がするし、でも春から一気に増えるUVAはしっかり対策したい。
そんな私のわがままに、このUVクリームがぴったりなのです。
さらに、塗り心地も最高です。
美容クリームのような柔らかいクリームが白浮きすることなく、スッと肌に馴染みます。
優しい成分なので、顔はもちろん、2歳以上の子どもにも使えるのが嬉しいです。
保湿成分が配合されているので、しっとりするのにベタつきは感じず、これからの季節にとても使いやすいUVクリームです。

③癒される香り! だけど虫にとっては苦手な香り

このUVクリームには柑橘系、ラベンダー、ローズマリーなどの香りが配合されていて、爽やかで深呼吸したくなるようなとても良い香りがします。
香りもキツすぎないので、我が家の子どもたちも「良い香り〜」と癒されています。
実はこの香りは虫が嫌う香りだそうです!
体温が高い子どもたちは虫に噛まれやすく虫除けスプレーが必須なのですが、いつも虫除けスプレーと日焼け止めの両方を塗っていて時間もかかるし、「こんなに色々塗って大丈夫かな?効果半減しないかな?」などと心配していたので、一本で済むのはとても助かります。

 

これから夏に向けてどんどん増えていく紫外線。
今からしっかり紫外線対策をして、老化に負けない元気なお肌を保ちましょう。

AretiのUVクリームも是非、使ってみて下さいね。

【アレティ アンバサダー コラム】+αのながら美容がオススメ

【アレティ アンバサダー コラム】+αのながら美容がオススメ

心地よい気候の季節になりました。
今年もなかなか思うようにお出かけすることができない今。
せっかくできたおうち時間を、有意義に使うことをはじめませんか。
お肌のお手入れもその一つ。

一生懸命長時間、鏡に向かってお手入れするのではなく、好きな音楽を聴きながら、お気に入りのドラマを観ながらなど、ながら美容でお肌の底上げをしてはいかがでしょう。

ながら美容でおすすめなのが、シートマスク。

洗顔後にたっぷり化粧水を含ませたシートマスクを5分~10分ほどお肌にのせるだけでお肌がふっくらするのはご存じでしょう。
そのシートマスクの上から美顔器を使う+αのながら美容をおススメします。

+αのながら美容に使う美顔器は、アレティの「イオン導入&導出美顔器 Clarity wrinkle(L)」が効果的です。

その理由は、マイナスイオンでイオン導入だけでなく、プラスイオンでイオン導出しながら1分間に8500回もの微振動でマッサージできる優れた美顔器だからです。そのうえ、ボタン電池でコードレス。お手入れしやすいグリップの良さに加え、34gと非常に軽くて疲れないつくりになっているので、ながら美容にぴったりです。

+αのながら美容の方法は、シートマスクや、コットンに導出液を含ませた上から、プラスイオン導出モードでやさしく毛穴汚れが気になるところを中心に「イオン導入&導出美顔器 Clarity wrinkle(L)」でお手入れします。

その後、アレティの「うる肌レシピローション」をたっぷりしみこませたシートマスクの上から、マイナスイオン導入モードで美容成分をお肌の奥深くまで浸透するようにマッサージするだけ。
お手入れをした後、シートマスクを外すとお肌がうるおいふっくらとひきしまっているうえ、心地よい振動でお顔の筋肉がやさしくほぐれてイキイキとなっているはず。

テレビを見ながら、スマホを触りながら、美顔器を片手にながら美容でお肌のお手入れをして有意義な時間を過ごしましょう。

【アレティ アンバサダー コラム】冷え対策で女性ホルモンバランスを整える

【アレティ アンバサダー コラム】冷え対策で女性ホルモンバランスを整える

最強寒波が少し落ち着いたものの、まだまだ寒い日が続きますね。
冷え性の私は、冷え対策に励む日々です。
からだが冷えると、肩こりやむくみ、生理痛などの不調を感じませんか?
その不調は冷えからくる、女性ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。
からだが冷えると卵巣機能が低下し、ホルモン分泌量の調節が上手くいかなくなります。
女性ホルモンバランスを保つためにも、日頃から冷え対策をして、からだを温めておくことが大切です。
私が日頃から取り入れている冷え対策を3つご紹介します。
1 からだを温める食材を積極的にとる
からだを温める食材は色々ありますが、手軽にとれて即効性を感じやすいのは生姜です。
おすすめは、スープや紅茶などのあたたかい飲み物にすりおろした生姜を入れること。
時間がない朝でもさっと取り入れることができて、ほっこり温まります。
2 子宮を温める
子宮に近いお腹や腰を温めるだけで、からだの内側からポカポカしてきて、女性ホルモンもアップします。
私は生理痛が辛いなと思ったら、お腹や背中にカイロを貼るようにしています。それだけでも痛みが和らぐのでおすすめです。
3 湯船に浸かる

どんなに忙しくても、夜はゆったり湯船に浸かります。
ポイントは熱すぎず、ぬるすぎない温度で肩までしっかり浸かること。
好きな入浴剤を入れて、香りにも癒されながら入るのが至福の時間です。
お風呂でしっかりからだを温めると、血行が良くなり、その後の睡眠の質を高めてくれます。
良質な睡眠は女性ホルモンを整えるのに最適ですし、何より美肌効果抜群です。
まだまだ続く寒い日、冷え対策で女性ホルモンを味方につけて、心もからだも元気に過ごしましょう。

【アレティ アンバサダー コラム】コロナ禍こそ女性ホルモンを整えて元気に

【アレティ アンバサダー コラム】コロナ禍こそ女性ホルモンを整えて元気に

新しい年を無事に迎えられ、元気で充実した一年にしたいものです。
ただ、昨年から続くコロナ禍によって生じるさまざまな制限から生活に変化ができることで、ストレスが積み重なります。
それでなくでも女性はカラダのバランスが崩れやすく、心身ともに疲れやすくなっています。無理をしないためにも、早めに自分の体調の変化に対応できるように、バランスを整えることを心がけることが大切です。
女性のバランスは卵巣機能が低下することで起こるようです。卵巣機能が低下すると、女性ホルモンのエストロゲンが減少することが体調不良の要因となります。
からだのバランスを整えるためには、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを多く含む大豆製品をとるといいそうです。

大豆製品はいろいろとあるので、毎日の生活に取り入れるようにしたいですね。
ただ、大豆を料理するには、時間と手間がかかります。
時間のない方にオススメなのは、いつでも手軽にとることができる豆乳があります。
コンビニやスーパーでもいろんな種類の豆乳が揃っているので、お好みの豆乳を毎日飲むことを続けるといいようです。

豆乳にプロテインをプラスすると、たん白質を補うこともできるので、栄養が偏りがちな食生活を整えることができます。
また、豆乳と米麹甘酒を合わせて温めてのむと、甘さがまろやかになって飲みやすいだけでなく、豆乳のイソフラボンに加えて飲む点滴と言われる甘酒の疲労回復効果も合わさります。ほんのり甘くておいしので豆乳が苦手な人にも飲みやすくなります。
また、台湾の朝食として豆乳を使った鹹豆漿(シェントウジャン)もとても簡単に作ることができて、お腹もちもよく胃腸にもやさしい一品です。

鹹豆漿(シェントウジャン)作り方は、温めた豆乳に酢を入れるとフワフワのおぼろ豆腐のようになります。お好みで塩や醤油で味付けをしてザーサイや干しエビ、パクチーやネギを合わせるだけ。お好みでラー油をかけると体もポカポカします。
豆乳以外にも納豆や豆腐も安価で栄養価も高いので、日替わりで大豆製品をとりましょう。
体のバランスは、大豆製品だけとるのではなく、バランスの良い食生活に加え、良質な睡眠と、適度な運動を心がけて、ストレスを軽減することにが大切です。
女性のカラダはとても繊細です。むりのないように、ご自身を労わるように気をつけてコロナ禍を元気に過ごしてくださいね。

【アレティ アンバサダー コラム】私のやさしいデトックス

【アレティ アンバサダー コラム】私のやさしいデトックス

寒くなって身体を動かすことが、億劫になってきました
ましてや、コロナ禍の中、1日の大半を家で過ごすことが多くなった人もいる筈
そうなると気になるのが、身体の不調
体内に溜まった毒素や老廃物が出し切れない状態でいると
むくみや冷え性などの症状の他、健康を脅かす危険性も!
だから、家にいる時こそその対策「デトックス」を実践するチャンス
でも、激しい運動をしたり、断食をしたりするのは苦手
私なりの毎日の習慣にしているデトックスをご紹介します

やっぱり野菜は最強

ありがたい事に私は便秘知らず
朝一でお通じが出ます
その要因は、朝食で食べる大量の野菜のお陰だと思っています
中くらいのボールに1杯は食べます
レタス、ニンジン、トマト、キュウリ、ブロッコリー、キノコ
更に、ほうれん草やスプラウト、カボチャも
大体このローテーションでサラダを作ります
夏は生野菜がメインですが、寒い季節は温野菜orスープなどがメイン
仕事が早い時は、前の日の夜から作り置きをしておけるのでOK
これだけでお腹いっぱいになりますね
昼食や夕食が、職場のお弁当やコンビニ飯になってしまう事の多い仕事なので
朝食は私にとって、とても大事な栄養補給になります

人は60%の水で出来ている

デトックスで欠かせないのは、やはり水分
最近はレストランやカフェでも、デトックスウォーターを置いている
店が増え、とてもありがたいですが
日頃からミネラルウォーターをマメに飲むだけでも充分
1日2Lを飲みなさい、という説もありますが
飲み過ぎは逆にむくみの原因にも成りかねないので、要注意
コツは、コップ一杯の水をマメに飲むこと
一度に大量のお水を飲んでも、尿になってしまうだけなので
こまめに飲むことを続けることがポイント
入浴前は特に効果的
水をしっかり飲んで、お風呂で汗を掻く
こんな簡単なデトックス方法、やらない手はないですよね
人間の身体は、体重の約60%が水分でできています
乾燥する毎日で、加湿器が必要ですが、中からもしっかり水分を摂りましょう

今の自分に一番必要なのは「心のデトックス」

そんな訳で、日頃から実践していることで、便秘やむくみなどの不調が無い私ですが
今一番必要なデトックスは、「心のデトックス」だと思っています
旅行が好きな私は、このコロナ禍で遠出が出来なくなり
特に自然あふれる場所に行く事が、何よりも私のデトックスだったのに
とても残念です
写真は長野県那須高原にある「アートビオトープ那須」
私の大好きな場所なのですが、ここのボタニカルガーデン「水庭(みずにわ)」は
天然の森林のように見えて、実は人工的に造られたものなのです
人工的に造られたものだからこそ、五感に響くものがあり
癒しの空間でもあります

アートに触れてデトックス

旅でのデトックスが出来なくなった今は、アートを観に
ギャラリー巡りをしています
お金を出して、海外アーティストの大きな展覧会も良いけれど
都内には、たくさんのギャラリーがあり、琴線に触れる作品を
たくさん観ることが出来ます
特に現代アートは、全くちんぷんかんぷんの場合もあるのですが
アーティストの感性を知る事って、何だか面白いんですよね
それとギャラリーがあちこちにあるので、知らない街を歩くことも楽しい
色々な発見もあったり、歩くことで軽い運動にもなります
色々な方法で気分転換するのが、私なりの心のデトックス
つまり好きなことをやる。が一番のデトックスで
延いては健康にも繋がるのでは無いでしょうか

Language
Japanese
Open drop down
Japanese
Japanese